「鬼滅の刃」 竈門炭治郎に学ぶ、アントレプレナーシップ

「鬼滅の刃」 竈門炭治郎に学ぶ、アントレプレナーシップ

 みなさん、こんにちは。今回のブログを担当しますコーディネーターの田村と申します。
よろしくお願いします。
 福島県よろず支援拠点では、事業者の皆様の経営に関する諸課題の解決にむけた支援をしておりますが、いつも特に重要だ、この経営者の方は凄い方だと感じるのは、その方の根本にある考え方・精神態度です。起業家精神、アントレプレナーシップともよく言われます。
 今回は、私も大好きで、尊敬する吾峠呼世晴先生の「鬼滅の刃」竈門炭治郎から、私が学んだアントレプレナーシップを書かせて頂きました。

1.「鬼滅の刃」竈門炭治郎から感じるアントレプレナーシップ

◆アントレプレナーシップとは

 アントレプレナー【entrepreneur】は、広辞苑によると、「企業家。起業家。独創性と冒険性、いわゆる経営者と区別していう。アントプルヌール」とあります。似たような言葉のベンチャー【venture】は、「冒険的な試み。投機的事業」(広辞苑)とあります。
 アントレプレナーシップは、いわば独創性と冒険性を備えた起業家の精神となります。日本や世界の著名な起業家の方も、これを持っておられます。みなさんは、いかがですか。

◆竈門炭治郎から感じるアントレプレナーシップ

①高い志~鬼の黒幕に位置し強大な力をもつ鬼舞辻無惨を絶対倒すという意思
②目の前の明確な目標をもつ~鬼になった妹:禰豆子を何があっても守る
③どんな努力も厭わない~命を失うかもしれない危険な訓練にも敢然と立ち向かい、乗り越えていく 高い志のもと、具体的かつ明確な目標を持ち、努力する姿は、偉大な起業家といえると思います。私も学ばせていただいています。

2.「鬼滅の刃」竈門炭治郎から学ぶ

 単行本のマンガで読むこともできますが、amazon prime などでアニメを見ることができます。今回は気軽に誰でも見れるアニメのなかで、第1話~第3話に絞って抜き出してみました。この3話だけでも、誤解を恐れずに言えば、ビジネス書数冊に及ぶ学びがあると思います。私が素晴らしいと感じた言葉を以下、ピックアップしました。

第1話「残酷」
・生殺与奪の権を他人に与えるな
・出来ないことを根拠もなく言うなど、笑止千万
・弱者には何の選択肢はない
・時を巻いて戻す術はない
・脆弱な覚悟では、何もできない
・怒りは、心と体を動かす原動力になる
 鬼となった禰豆子を守ろうとする炭治郎に水柱・富岡が発する言葉。厳しい言葉が並びますが、どんな事態になっても、世間や他人のせいにせず、自分の力で努力すること。なにくそ精神の大切さ、エネルギーに変えていく力の重要性を感じます。

第2話「育手」
・判断が遅い
・即答できないのは、覚悟が足りないから
・守り抜く勇気をもつこと
 炭治郎の師ともいえる鱗滝の言葉。命を失うかもしれない危険な戦いに向かう炭治郎に対し、生きることへの覚悟を諭す言葉。反省させられます。

第3話「錆兎と真菰」
・日記を書くことで、見直しがきく
・刀は真っすぐに力を入れる。方向性を合わせる
・全集中
・腹に力をいれること
・学んだことを消化できるかは、自分次第である
・基本は毎日繰り返すこと
・男ならどんな苦しみにも耐えろ。鈍い、弱い、未熟 男ではない
・知識をして覚えただけ。体で覚えていない。血肉に叩き込め
・前に進む以外に道はない。自分の力を信じろ
・結局、鍛錬しかない

 日記(日報)の重要性、「鬼滅の刃」で最も有名な「全集中」、鍛錬するときの心がまえなど、第3話には重要な言葉が沢山でてきます。何度見ても、ひとつひとつが本当に勉強になります。

3.まとめ

 実は私は漫画を普段は読まず、シリーズ全冊を読破したのは「鬼滅の刃」が人生2作目です(恥ずかしい)。私のようなおじさんにも学ぼうと思わせる凄さ、素晴らしさが「鬼滅の刃」にはあります。
 私は、すっかり「鬼滅の刃」には、志の持ち方など、お世話になっています。娘の部屋にあるマンガ本をこっそり持ち出し、繰り返し、盗み読みもしています。
 「鬼滅の刃 遊郭編」が秋にはテレビ放映されるのも、楽しみですね。

【番外編】 私の一番好きな竈門炭治郎の言葉

「悔しいな、何か一つできるようになっても、またすぐに目の前に分厚い壁があるんだ。凄い人はもっとずっと先で戦っているのに、俺はまだそこに行けない。こんな所でつまずいているような俺は、煉獄さんみたいになれるのかなぁ」
 少し長いですが、映画にもなった「無限列車」編で、炎柱・煉獄さんが戦死したときの炭治郎の言葉。
 私達は、新しいことに挑戦したり、大きな努力をすれば、目の前に大きな壁が立ちはだかります。大きな壁は自分の挑戦・努力の証。それを誇りに思い、壁を乗り越えて、成功を掴みとっていきましょう。
 みなさんのひとつひとつの小さな成功が、地域や、日本の未来に繋がります。福島県よろず支援拠点は、そんな挑戦する事業者のみなさまを、複数の専門家が、集団としてサポートしています。
 福島県よろず支援拠点を、よろしくお願いいたします。

《ご相談受付窓口》
福島県よろず支援拠点 郡山事務所 TEL.024-954-4161
福島県よろず支援拠点 福島サテライト TEL.024-525-4064
福島県よろず支援拠点ホームページ 福島県よろず支援拠点